読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

中日ドラゴンズセリーグ優勝〜その2

2010年中日のセリーグシーズン優勝。多くのメディアでは、投手陣(吉見、チェン、山井をはじめとする先発投手陣と、高橋聡、浅尾、岩尾の3人のリリーフ陣)を優勝の大きな要因としてあげている。

特にリリーフ陣において、阪神が久保田、藤川球児の2枚リリーフで、シーズん終盤に藤川球児を8,9回と2イニング投入せざるを得ず、その藤川球児の2イニング目で何度か逆転をされたのをみても3枚のリリーフ陣のおかげで安定した戦いをできたことは確かである。

また打撃陣も、和田、森野がシーズンを通してハイレベルな成績を残したのも優勝の要因であろう。

これはこれとして、私が優勝のポイントとして考えたのは以下の5つである。

・井端、荒木のコンバート
堂上直倫のレギュラー起用
山本昌のローテーション復帰
・若手外野手の競争(2ポジション)
・伏兵小田幸平の存在

次回以降、これらのポイントについて書いていきたい。

今年の目標102エントリー まであと57