読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

東京マラソン2012 体験記〜その7

東京マラソン2012体験記

その6から続き)<その1へ

日本橋から浅草方面に向かって走っている時に、あることに気がついた。

沿道からの声援がほとんど「バナナマーン」なことである。

特に子供からの声援が多い。ちらっと右を見ると、バナナマン【2ch】ニュー速VIPブログ 東京マラソン 2012 「仮装ランナー」 まとめより)が走っていた。

自分の走りに集中していて気づかなかったが、思い返すと、ここ数kmは並走していたようだ。

そのあとも1kmくらいバナナマンと並走は続いただろうか。相変わらず沿道の声援をバナナマンが独占している。

25kmを過ぎ、疲労感が生まれ始めていた頃だったので、何か元気になれるものがほしいと思ったが自分には何も無い。

「くそっ。仮装すれば声援をもらえるんだな。次回は俺も仮装しようかな」

などと考えている時、右足に、ぴきっと痛みが走った。

ふくらはぎが、吊る寸前である。

完全に吊ってしまったら完走できないだろう。

仕方なく、走るペースを半分以下に落とした。27km付近である。

声援の中、バナナマンは私を置き去り、軽快に走っていった。

バナナマンはかぶりものの高さがあり、遠くに行っても姿が確認できるのが妬ましい。

バナナマンの人気に嫉妬。(続く

今年の目標30エントリー まであと22