読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

人を変えること

「プロフェッショナル仕事の流儀 絆が、人を生かすから〜ホームレス支援・奥田知志」をNHK オンデマンドで視聴。

北九州のホームレス支援団体で活動する奥田知志の話。

住む家がないだけなのは「ハウスレス」だという。

「ホーム」というのは、仮定とか家族とか人間関係のことで、人としてのつながりのことで、「ホームレス」とは、住む家がなく、且つこの人としてのつながりを失ったひとたちのことであるという。

そのようなホームレスの人に、奥田氏は声をかけるが、ホームレスは簡単には心を開かない。

しかし奥田氏は粘り強くホームレスに声をかけ、ホームレスの心が変わるのを待つ。

番組では、7年間声をかけ続けたホームレスが心をひらき、生活保護用のアパートに入居したケースが紹介された。そのホームレスは死ぬ間際に奥田氏に感謝の言葉を告げる。

奥田氏の言葉。

人は、いつか変わる
人間には可能性や希望というものは誰も否定できない
人との関わりは薄い氷みたいなものが
記憶としてその人の中にたまっていって
あるところに達した時に何かが起こって行く
その間は待つしか無い。

人は変えることはできない。人の可能性を信じて変わるのを辛抱強く待つこと。

これは実践するのはとても難しいことであるとおもうが、そのような心構えを少しでも持てればと思う。

今年の目標103エントリー まであと81