ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

上達のステップ

私の書いた技術記事が翔泳社が運営しているCodezine(コードジン)というサイトに今日から掲載されています。

「Cyber Luxeonで学ぶXMLDB入門」
http://codezine.jp/a/article/aid/835.aspx

著者名をみると、WINGSプロジェクト 佐藤治夫(株式会社ビープラウド)とあります。

人からよく聞かれます。「WINGSプロジェクトってどういうプロジェクト?

WINGSプロジェクトとは、フリーライターの山田祥寛さんが主催されている、技術ライターのコミュニティです。そして会社名でもあります。

http://www.wings.msn.to/

IT技術者にとってXMLは、いまや必須の技術となっていますが、それを学ばせていただいたのが山田さんの書籍でした。

『今日からつかえるXMLサンプル集』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798000957/

サンプル集という名前から、読みやすい本かなというイメージで手にとってみたのですが、説明、リファレンスがしっかりしていて、最終的には、自分の辞書的位置づけの書籍になりました。

2001年当時、XMLってなにに使うの?と思っていた自分にとってサンプルから入る説明はイメージがわきやすかったし、サンプルから理論へ、ボトムアップで深くはまっていった感じです。車の助手席において、信号待ちの間に呼んだり、人を待っているときに読んだり、がむしゃらに読んだ思い出の書籍の1冊です。


そして、偶然2004年の夏にWINGSプロジェクトに友人に誘われ、@IT(http://www.atmarkit.co.jp/ )の記事で友人の記事を手伝わせてもらったのをきっかけに、WINGSプロジェクトに参画させていただいています。WINGSプロジェクトの忘年会も、はや3年連続出席です(笑)

話はちょっと変わりますが、私は、自分がものごとを上達するために「守(しゅ)・破(は)・離(り)」という原則を守るようにしています。


『守』とは、指導者の教えを守る段階です。指導者の行動を見習って、指導者の考え方・価値観を体感し、自分のものにする段階です。

『破』とは、教えを守るだけでなく、自分の中に芽生えてきた考え方に基づいて、教えを破ってみる段階です。

『離(り)』とは、指導者のもとから離れて、自分で歩んでいく段階です。


私は、初級者からスケールの大きい上級者になっていくには『守』の段階がとても大事だと思っています。

最初の段階で、いかに素直な心を持てるか。指導者の考え方の良さを知ることができるか、体で覚えることができるか。
そこにその後の上達がかかっていると思います。

しっかりと教えを守った後、その中から自分独自の考えを見出し、特色、味を出していく。そのステップを踏むことがその後の成長につながります。

私の目標のひとつに「本を2冊出版する」というものがあります。まず1冊は、IT系分野の本。これは自分が専門として極めた分野の本を書きたいと思っています。そして、もう1冊が、仕事とは、人生とはみたいなもう少し深い本です。

このために、いま執筆という分野で『守』の段階にいます。

必死に執筆した原稿を山田さんに提出すると、プロの視点からコメントを加えていただけます。

「あ、そこは自分も強引さを若干感じたけど、やはり突っ込まれたか(涙)とか
「読み手の興味を引くためには、そのような展開をしていくのか!!」
「そこは力尽きて書かなかったけど、やっぱり内容が不足してたか!!」

・・・など、いろいろな発見がそこにはあります。
(山田さんには、お手数をおかけしていますが・・)

そのような中から、考え方を学び、自分なりの価値観を持てるようになれればと思っています。今はその段階です。

自分の目標のひとつを実現するためにも、記事を書くというのは、自分にとって、とても大変なことですが、継続していきたいと思います。