読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

Python Professional Programming 2nd Edtion が出版されます

Python プロフェッショナル プログラミング の改訂第2版(Second Edtion)が、2/28に発売されます。

f:id:haru860:20150227170545j:plain

池袋のジュンク堂では、17冊が入荷され、昨日から平積みで置かれているようです(弊社調査チームからの報告より)。

おかげさまで好評を頂いた第1版が出版されたのは2012年3月ですので、約3年ぶりの改訂となります。

第2版はこの3年間の技術変化に追随し、さらに内容を充実させています。

(詳しい変更内容は、弊社エンジニア清水川の ブログ に書かれています)

書籍のタイトル

タイトルには「プロフェッショナル」という言葉が含まれています。

つまり、職業エンジニアとして実プロジェクトで、Pythonでどのように開発するかが、書籍のテーマです。

じつは第1版を執筆している途中で、出版社の方から「Python パワープログラミング」を提案されたのですが、「プロフェッショナル」という名前で進めさせて頂きました。

「プロフェッショナル」の対義語は「アマチェア」です。

私たちはアマチェアではなく、日頃から「プロフェッショナル」としての自覚と誇りを持ち、実プロジェクトの開発にのぞんでいます。

そのなかで日々、議論したり、試行錯誤したり、学んだりしながら、Web開発の最適解をみつけています。

その「プロフェッショナル」としての活動の集大成となる書籍ですから、その名前にこだわりました。

(↑赤字で何度も「プロフェッショナル」と書いたとおり、そこがこだわりです)

内容の洗練度

各章は、弊社のトップレベルのエンジニア著者陣(11名)、IT業界で活躍されている社外レビュアー(12名)、そして弊社社内レビュアー(7名)によって、すみずみまで議論されレビューされています。したがって、その内容は、著者のひとりよがりではなく、たしかであり洗練されていると自負しています。

また、Pythonでの開発に限らず、Webシステムの開発におけるノウハウや知識、そして考え方が詰まっていますので、Python以外のプログラミング言語を使っている方々にも役立つ内容です。

Web開発を担当されている方は是非ともご高覧ください。