読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

成長への糧〜その2

チームには、本番環境で発生している障害の解決という仕事がアサインされた。

B2Bシステムのクライアント側のシステムであった。

今でも忘れはしない「400 Bad Request」が発生し、リクエストが途中で切れてしまう現象。

ソースを読んだり、ミドルウェアのパラメータを変えたり、OSのパラメータを変えたり、ネットワーク条件を変えても再現しない。再現用のプログラムも何度動かしたことか。色々な仮説をメンバーと話し合った。

そうしているうちに、エンジンのつくりかえを提案したマネージャは現場を去った。

毎週月曜日午前中に開かれる全体進捗会議に、エンジニア経験が無い新任のマネージャと私は2人で参加した。

毎週、調査の結果を報告すると、こてんぱんに批判された。

ある日、システムで使っているパッケージ製品の研修から帰ると、チームは会議をしていた。

ビジネスの現場にチームから1人よこせという話になっているらしく、なぜだかホワイトボードには私の名前が書かれていた。

他にも社員がいて、私は唯一外注として参加しているのにも関わらず、その役割に任命された。

そして、実際に現場に行き、座席表を見せてもらうと私の席だけ3分の2になっている。

理由を聞いてみると、臨時で席が必要になった場合にその3分の1を使用するのだという。

「軽い苛めか?」とおもった。

現場での対応と、離れたビルにいるメンバーとの調整が私の役割である。

離れたビルにいるチームメンバーの当事者意識の欠如と、ビジネス現場におけるチームに対する信頼も低さがつらかった。

私にはストレスがたまると、左の目を手でこするクセがある。

この頃、左目の下がぼろぼろになった。

今も、右目よりも左目下部がシワが多いのはそのなごりである。

頭痛もひどくなり、1日3回バファリンを飲みながら仕事をするようになった(続く

今年の目標103エントリー まであと30