読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

有言実行

仕事論

「中日ドラゴンズ激闘の記録2011」が先日届き、その中のコンテンツのひとつ「オレ流8年〜落合博満監督の8年間」を見た。

8年間のシーズンの中で、私が最も印象深いシーズンは、2004年である。

このシーズン、巨人は、近鉄からローズ、ダイエーホークスから小久保を獲得(小久保は無償トレード)。前年にはヤクルトからペタジーニも獲得していて、戦力強化を着々と進めていた。監督は堀内恒夫監督が就任。

一方の中日は「現有戦力を10%底上げすれば優勝できる。誰もクビにしないし、補強はしない。全員が横一線」という方針のもと、スタートした。唯一の入団は、巨人を退団し、テスト入団した川相昌弘であった。

2002,2003年と山田久志監督時代は、優勝の気配すらしなかったチームがどこまで変わるんだろうか。現役時代から有言実行の落合監督が、どこまでやるのか。それを楽しみにしていた。

キャンプは、巨人V9時代の監督川上哲治氏をして「キャンプの革命」と言わしめた。

キャンプ初日の2月1日に紅白戦を実施し、川上憲伸など主力選手が出場。1・2軍で合同キャンプ。10人が投げれるブルペン、白紙の練習メニュー、6勤1休などである。

そして始まったシーズン。中日ドラゴンズに入団して3年登板が無い川崎憲次郎開幕投手に起用。「川崎のような投手を全員でバックアップする姿勢をチームにつくりたかった」という落合監督の狙いの通り、川崎が失点した5点のビハインドを広島黒田を攻略して跳ね返し、開幕戦を勝利した。ちなみに、今年300セーブを上げた岩瀬仁紀がストッパーに起用されたのもこの年からである。

そして巨人とのマッチレースの末、シーズンを制し、優勝に導いた。

有言実行。現役時代も、3度の三冠王を獲得した落合氏の真価が発揮されたシーズンであった。

最後に2003年の監督就任会見の言葉をあげておく。

就任当時の信念を、最後までつらぬいたことがわかる。

セリーグを制して、日本一になる。ここはなにがあってもぶれない」

「本当に野球に必要なもの。ごくごく単純な事。それの積み重ねで、あとはグラウンドに出た選手がゲームで自分の力を出してくれればいい。負けた時の責任は私が一切とりますから」

「選手は自分の子供みたいなもの。自分の子供を信用して最終的にはみんなで笑おうじゃないか」

有言実行の裏には理屈がある

そのような経営者に私もなれればと思う。

落合戦記―日本一タフで優しい指揮官の独創的「采配&人心掌握術」/横尾 弘一
¥1,680
Amazon.co.jp
今年の目標103エントリー まであと42