読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

制約を乗り越える

NHKオンデマンドで「プロフェッショナル〜仕事の流儀 列車は、走るビックリ箱(出演:電車デザイナー 水戸岡鋭治氏)」をみた。

水戸岡氏は、鉄道デザインのカリスマといわれ、たま電車、九州新幹線など数々の斬新なデザインの電車を生み出している。

電車を創造性あふれるものにするためには、乗り物という性質上、安全性、重さ、耐久性など乗り越えるべき様々な制約があるという。

水戸岡氏がいうには、その仕事の原動力となるのは「次の時代のために、なにかを生み出さないといけない」という心と、センスでも才能でもない手間を惜しまない、愚直な心であるという。

制約があるからこそ、それを乗り越えるために頭が働き出す。

並び替えたり、取り除いたり、くっつけたりなど、思考を巡らせてるうちに知恵やアイデアが生まれて来る。

「制約を外して考えてみる」などというが、それだけでは本当の知恵は生まれにくいのではないだろうか。

最終的には制約を乗り越えて新しいものを生み出してこそ、真の仕事である。

「制約の無い仕事は仕事ではない」そのようなことを思わせてくれる回であった。

今年の目標103エントリー まであと49