読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

中日ドラゴンズ高木守道 新監督

2012年のシーズンから中日ドラゴンズは、高木守道監督が就任する。1995年のシーズン以来の監督復帰である。

現役時代はミスタードラゴンズと言って良いほどの看板選手。1960年に岐阜商業から高卒で入団。その年にプロ初打席本塁打。3年目にはセカンドでレギュラーを獲得。1980年まで中日ドラゴンズで現役を続け、通算安打は2274安打、236本塁打。堅実な守備とゲッツー時のセカンドからのバックトスは有名。

次に、高木監督の今までの監督としての年度別の成績を振り返ってみる。

1986年、5位(シーズン途中から代理監督として就任)
1992年、最下位
1993年、2位(途中で首位に立つもヤクルトに逆転される)
1994年、2位(10月8日決戦で巨人に敗戦)
1995年、5位(シーズン途中で不振のため休養)

1993年、1994年と優勝直前まで行ったが、土壇場で優勝できなかった。したたかにシーズン終盤に逆転する落合ドラゴンズとは逆のパターンともいえる。

1992〜1995年の監督時代は選手メンバーが豪華であったが采配がちぐはぐなイメージがあり、私は良いイメージを持てなかった。前回の監督時代は、良い成績を残したとは言えないが、退任以来、16年間解説者として野球をみて、自ら振り返ったことも多かったのではないだろうか。

野球を外からみてきた経験が、采配や成績に反映されるかどうかをファンとして見守ってみたいとおもう。

今年の目標103エントリー まであと51