読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

松下幸之助経営読書会第1回(2011年1月26日)

勉強会

1月26日に開催された松下幸之助経営読書会の第1回。

私の尊敬する経営者は、松下幸之助と言わせてもらっている。

「松下は、何をつくっている会社か?」という質問に対し「人をつくっている会社である」というように答えたという話に感化されたのである。

ということで、読書会の開催を知り、迷わず参加させていただいた。

読書会の課題図書は「松下幸之助経営回想録」で、今回は第1話「転機に学んだこと〜創業の理念」が題材。

以下は、メモ。

・独立の動機は病気。
・命知元年(昭和7年5月5日)までは、生きて行ければ良いという感じでやっていた
 しかし、ある宗教団体を見学し、使命を持って仕事をする事の大事さを知った。
 →我々の仕事は、貧を克服する事である。→理念の確立
松下幸之助は、名コピーライター
 「明るいナショナル」
  明かり=昭和の時代が求めているもの
・心の切替えスイッチを持つ
 神経質で何かあると、人一倍気にかかり、夜、眠れないほど悩んでいた
 →ある点に行くと、ぱっと切り替わる
・直感で考え、logicでサポートする。そこで決断する。
・大前提は、目の前の人は自分より優秀ということ
  優秀な人の力を引き出すことに考えが及ぶ
・清濁合わせ飲む
・世間は正しい
・大胆にして小心
 いざ決断をするとき、その心境は細心なんてレベルのものではない。小心そのものである。
 松下幸之助は、石橋を叩いても渡らない気質。慎重の上にも慎重。おっかなびっくり。逃げ足早く、大儲けはいらない、勝ち逃げでいい。そのくらい小心であってこそ長続きする(配布資料より)

読書会は、映像資料もいくつか見せて頂き、視覚的なイメージで松下幸之助の雰囲気を感じる事ができ、その点でも新鮮であった。

経営の神様と言われている松下幸之助に少しでも近づき、さらに新しいものを生み出せるよう学んで行きたい。

今年の目標103エントリー まであと99