読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

会社の制度を使うにあたり持ちたい心構え

経営

私は20代の終わりまで、本を読みたくても自由に買えるほどの収入がなく、本を買う時も選んで悩んでから購入していた。

20代の終わりに個人事業主になってから、読みたい本を自分への投資として思って購入し、多くの本を読んだ。本を多く読むようになり多くの価値観に触れ、自分の人生が開けたとも思っている。

そのような思いをしたからこそつくったのが会社のBPBP(BePROUD Book Purchase)制度である。人生は短いのであるから、出会った書籍をどんどん読んで、スキルを伸ばし、人として成長し、人生の可能性を追求してほしいという思いからつくった制度である。

ビープラウドでは、これ以外にも、iPhoneやAndoroidなどのスマートフォンの購入費を4万円までサポートするBP4や、飲み物の中では比較的高価なレッドブルを購入し、冷蔵庫をレッドブルで満たしている(ただし1日1人本まで)。

このような会社の制度であるが、使うときに心に留めておいてほしいことが1点だけある。それは、感謝の心を持つということである。

人は自分のお金ではなくなると、使えるだけ使ってやれという気持ちになってしまうことがある。それが自分の権利なのだからと。そこに、感謝の心という謙虚な姿勢は見当たらない。

そのような傲慢さはビープラウドメンバーには持ってほしくないし、そのような気持ちでいられると、苦労してお金を捻出しているのに、制度の存在意義まで疑いたくなってしまうだろう。

幸いにも、今のBPメンバーは感謝の心をもって制度を使ってくれているので、とても嬉しいし、会社をプラットフォームとしてどんどん成長し、個々人の人生を豊かにしてほしいものである。

ビープラウドのメンバーが成長し、良い人生を歩んでいけるような会社制度をこれからも考えていきたい。

今年の目標102エントリー まであと32