読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

BPStudy#29開催報告

BPStudy

1月29日(金)にBPStudy#29を開催。週末にもかかわらず52名(懇親会28名)に参加いただきました。

発表していただいた和田卓人さん、そして参加いただいた方々、誠にありがとうございました!!!


以下は当日のまとめ。

MCはタワーズクエストの和田卓人(id:t-wadaさん)にご担当いただき、「Test Driven Development(TDD:テスト駆動開発)」をテーマとして開催された。全体はTDD概論、ペアプロ大会、コードレビュー大会の3部構成。

■TDD概論
TDDの基本的な考え方について、和田さんにご説明いただいた。

○TDDの黄金の回転
・1つずつ少しずつ
・複数を相手にしない。ひとりずつ対処する
・動作するきれいなコードへ
・まず動くものをつくってから、きれいにしていく
Red(動かないコード)→Grren(とりあえず動作する)→Refactoring(きれいなコードに)→Red(動かないコード)

○不安な箇所をテストする
○TDDはテスト技法ではなく設計技法
○テストは目的ではなく手段
○デモ
PiroさんによるUxUの話

ペアプロ大会
TDDへの意欲が高まったところで、ペアプロ大会。
・お題はLRU(Last Recently Used)の実装
・皆がそれぞれの言語、環境でペアを組み、ペアプロに励んだ
・1時間弱の時間だったが、わいわいガヤガヤ、皆が楽しんで実装している様子が印象的。仕事のプログラミングの雰囲気と大分違う。

■コードレビュー大会・C(kazuho
perltokuhirom
pythonakisutesama
JavaScriptpiro_or
Rubyt_wada

言語ごとの実装方法、人による実装の違いが如実に感じられて興味深かった。人が違えばコーディングも違う。

■全体の感想
ペアプロについては、久しぶりであったが、実際にやってみるとコミニュケーションが難しい
・テストがあると実装を変えたときの安心感が違う。不安やストレスだらけの仕事において特効薬になる可能性が高い
・エンジニアにとって実際に手を動かすという体験がとても大事というのを再認識。今後の勉強会(BPStudy)では手を動かすという要素を積極的に取り入れたい

■懇親会
・出席28名
・夜遅くまで皆でわいわいと楽しく。
@imai78さん@raituさん、@sugamasaoさん、@akahigegさんらと席が近くになり、カオスな話に。
・解散しても帰らない人多数
・文殊堂は有名人。「ビープラウドという会社の社長です」と紹介するより「文殊堂がいる会社の社長です」と紹介した方が早い。文殊堂は我が社の広告塔。
・フロントエンドエンジニア=三国志で、最初に突っ込んでいってやられる兵士

■当日のまとめなど
文殊堂
BPStudy#29 java-ja JOJO勉強会TDD編
kazuhoのメモ置き場
BPStudyと並カンとLRU
Ian Lewis
BPStudy#29 テスト駆動開発
Go for it!
bpstudy #29 TDD
aomushi510の日記
BPStudy#29 TDD
にひりずむ::しんぷる
BPStudy #29にいってきた
いまいにっき
BPStudy#29 「テストドリブン開発(TDD)」に参加してきました!
Togetter
BPStudy#29まとめ

今年の目標102エントリーまであと95