読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

BP Study#15 ORマッパー対決2008 〜S2JDBC編

11月28日に開催されたBP Study#15 「ORマッパー対決2008」 S2JDBCは、田中宏和さんにご担当いただきました。

S2JDBCはSeasar2プロジェクトで開発が進められているO/Rマッパーです。宏和さんは、Seasar2のシンプルさ、センスの良さ、開発生産性の良さに注目し、プライベート?で使っているそうです(笑

資料はこちら

http://www.beproud.jp/doc/bpstudy15_s2jdbc.pdf

■流れるようなインターフェースと脱CoC

・ソースの可読性が高い

・IDEと組み合わせることで、APIを憶えていなくても自然に使える

(質問)脱CoCとはどのようなことか?

⇒規約(Convention)を知らなくても使用することができるということ

■SQLの90%を自動生成する

Javaのよさをいかす

Generics,可変長引数

■SQLの扱いが簡単

・JavaBeansにスムーズにマッピング

 複雑なSQLも、SELECT句をMyDtoのプロパティに設定できる

■シンプルなプロパティ

Entityでは、インスタンス変数をpublicで定義する

⇒setter,getterが減り、コードがシンプルになる

■結合

.leftOuterJoinメソッドを連ねて、2つ以上のテーブル外部結合

@ManyToOne、@OneToManyなどの関連をアノテーションをBeanのインスタンス変数に定義

■ソート/ページング

orderbyメソッド、limit、offsetメソッドが用意されている

■挿入/更新/削除

JDBCManagerのinsert,upadte,deleteメソッドにインスタンスを渡す

■まとめ

生産性が10倍(JPAの)

田中宏和さんありがとうございました!!

田中宏和さんの書籍↓↓↓

Javaによる自作CMS ~Tomcat+Struts+MySQLで作るWebアプリケーション~/田中 宏和
¥3,675
Amazon.co.jp
今年の目標:100エントリーまであと10