読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

BP Study第10回開催報告

遅れましたが、先週開催された、BPStudyの報告です。

6/9(月)にBP Study第10回が開催されました。週末にもかかわらず、17人の方が出席くださいました。

MCは小泉守義氏。

主題はScalaScalaは、オブジェクト指向言語関数型言語の特徴を統合したプログラミング言語です。JavaVM上で動作し、Javaのコードを呼び出せることなどから注目を浴び始めています。

小泉氏には、scalaHello Worldからはじまり、scalaの特徴的な構文を中心に説明いただきました。

関数型言語を学ぶには、いったん手続き型言語の考え方は忘れる必要があると思われます。私はScala独特の文法に、頭の中が混乱することしばしばでした(笑

scalaの特徴として、パターンマッチングがあります。パターンマッチングの機能により、XMLを直接ソースに記述し、XMLを直感的に操作することができます。このデモの時は、参加者から「おぉ!」という声があがりました。

関数型言語の考え方を理解し、その機能を活用すると、手続き型言語の生産性の限界をやぶることができるのかも知れません。エンジニアとしては、現在の技術を当たり前と思わず、さらに良い技術を求めていく姿勢が大事ではないでしょうか。

今回の勉強会が、そのきっかけになればいいなと思います。

小泉氏ありがとうございました!

今年の目標:100エントリーまであと48。残り201日。