読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビープラウド社長のブログ

株式会社ビープラウドの社長が、日々の思いなどを綴っていきます。

BPStydy第6回開催しました

BPStudy

昨日の2月22日(金)にBPStydy第6回を開催しました。

まずは、参加していただいた方々ありがとうございました!

http://www.beproud.jp/bpstudy.html#m6

MCはPrudence Inc の熊田訓さん。

前半は、AndroMDA によるモデル駆動開発の説明。

AndroMDAによる開発のポイントは、開発対象の機能をUMLモデリングすることによって、開発プラットフォームのベストプラティクスで構成されたソースコードが自動生成されること。小さな労力で大きな成果物が得られ、開発にレバレッジが効くという点です。

また、モデルを基点として開発する(モデル駆動)ので、ドキュメントと実際のソースが乖離せず保守性が良いモデリング開発プロセスに組み込まれているので、全体が俯瞰できるモデルが常に存在する(見える化など、様々なメリットが得られます。

熊田さんの会社では、AndroMDAによる開発をすでに9プロジェクト完成させていて、AndroMDAによる開発は実用として充分いけるレベルであるとのことです。

後半は、Web開発で使われている各種開発プラットフォームが参加者間で比較検討されました。

比較の対象となったのは、Java(Seasar2)、Java(AndroMDA)、PHP(プラットフォームとしてのPHP、Cake PHPなど)、Ruby on RailsC#.NETの5つです。

開発生産性、言語のよさ、保守性、パフォーマンスなどさまざまな観点から比較検討が行われ、参加者間からも活発な意見が出ました。話題は、Ruby on Rails2.0, SAStruts(Super Agile Struts)、Seasar2のHot Deploy機能、mod_rewriteSEO(きれいなURL、日本語のURL)など多岐に渡りました。今後もこのあたりの議論は活発にできればと思います。

全体で2時間30分という時間でしたが、時間がまだまだ足りず、移動した懇親会も、引き続き盛り上がりました。

京鼎樓(JIN DIN ROU) 恵比寿本店 (台湾料理
http://jin-din-rou.com/top.html

毎回思うのですが、技術者同士で集まって純粋に技術について話すと、いろいろな考え方を学ぶことができとても参考になりますし、もっと勉強せねばという気持ちがふつふつと沸き、刺激になります

自分の時間を使って参加してくださる方々なので、仕事に対する意識が高く、当然のように話の内容もレベルが高くなります。熱い会話は人を成長させます

次回は3月に開催します。

今年の目標:100エントリーまであと73。残り312日、44週と4日。